トップページ 会長挨拶 活動写真 会員投稿 入会案内・連絡先
役員体制 会則 活動報告 事業報告 広告

会員投稿

 

気持ちをやさしく包んでくれる故郷…

布川 高男(東近江市出身)

  東近江市瓜生津町。私が生まれて高校卒業まで育ったところです。目
立った名所や名物もないため、滋賀県でも市外の人には説明してもなか
なかわかってもらえないことがよくあります。
事実、南北に延びるなだらかな低い山が近くに臨める以外、田圃しか
ないまさに田舎中の田舎でした。その代わり、初夏には青々とした苗が
風にそよぎ、秋には黄金色の稲穂が絨毯のように広がる光景はなかなか
のものでした。今の人たちの言葉では「インスタ映えする景色」とでも
言うのでしょうか。
  地元に何もないとはいえ、さすが寺院数日本一を誇る滋賀県。ほんの
少し足を延すだけで名のある寺院がいくつもありました。永源寺や石塔
寺、太郎坊宮、百済寺などはよく訪れたところです。とくに、太郎坊宮
は兄と弟が結婚式を挙げたところでもありとても親しみを感じていま
す。高校生の頃はバイクで、寺院だけでなく、彦根城や松原水泳場、近
江八幡の休暇村、竜王スケートリンク(今はないかな)などにもよく遊
びに出かけました。バイクを走らせつつ眺めたキラキラと輝く湖面、緑
深い松並木、はるかな湖西の山並みなど、滋賀を思う時いつもそんな美
しい景色ばかりが浮かんできます。
  学生生活を含め東京で15年、その後千葉に移って35年になります。
今はもう生まれ育った家は道路拡張の影響でなくなってしまいました
が、数年前そこに立ち寄った時、当時とそう変わらない風景と、穏やか
にゆっくりと流れている時間や空気に、気持ちがとても柔らかくなった
ことを覚えています。
  ところで、我が家は妻も子供2人も千葉生まれ千葉育ち。そんな中で
滋賀の私はずっとアウェイ感を味わってきました(笑)。ところが昨年
娘が滋賀県出身の男性と結婚。以来何か強い味方を得たような感じを抱
いている私です。

平成30年11月






我は湖の子、さすらいの・・・

野村 寿(大津市出身)

大学を卒業した昭和48年春に就職のため上京しました。就職まで実家を離れたこともなく、
近い親族に地元滋賀を遠く離れた者もおらず、家族には随分心配されたものでした。
学生時代はちょうど大学紛争真っ只中の時期であり、入学式以来学校は閉鎖続きとなり、
大学に通学するよりも早く大学のヨットクラブに入部し、琵琶湖南端の疎水口にある艇庫
に繁く通っていました。三高時代からの艇庫は今や築100年を超えてすっかり老朽化して
いますが、すっかり様変わりした周辺の景色の中で今もその昔を思い起こさせてくれます。
1917年に作られた「琵琶湖周航の歌」が歌手の加藤登紀子さんによって大ヒットしたのも
ちょうどその頃でした。毎年、夏には1週間程をかけてヨットで琵琶湖周航を行い、今津、
長浜と夜毎湖岸にテントを張って琵琶湖周航歌を肴に酔いしれていたのが良い思い出です。
ある年には周航中に台風に見舞われ、琵琶湖の大きさや怖さを身を以て体感したのも良い
経験でした。
某製薬会社の研究開発部門に勤めた私は、特に転勤もなく40有余年にわたり鎌ケ谷市に住
み着いております。盆暮れに鮒寿司を送ってくれた両親も既に他界し、益々滋賀が遠のい
ていますが、10月の「大津祭り」に合わせて年に一度は帰省するよう心掛けています。
やはり 故郷の祭り、曳山巡行に活気あるお囃子は格別ですし、早朝のまだ人気のない
三井寺を 散策し、琵琶湖畔まで足を延ばして比叡、比良を眺めて、つど滋賀のすばらしさ
を再認識すると共に今後の発展を念じている次第です。
子供や孫たちにとっては千葉が故郷であり、今から私が滋賀に居を移すことはないでしょ
うが、時には日本橋「ここ滋賀」にも足を延ばして滋賀に思いを馳せたいと思っております。

平成30年5月




ふるさと甲賀

田口 貢(甲賀市出身)

 我がふるさと甲賀市甲賀町は、滋賀の最南端に位置し、「忍術甲賀流」の発祥の地
であります。
県境の三重県に入りますと、「忍術伊賀流」の里伊賀になります。
隣の甲南町には、当時そのままの忍者屋敷があり、当甲賀町には昭和58年に「忍
術村」が設置され、忍者体験が可能で、最近では外人観光客も多く見受けられるそう
です。
子供の頃はみんな貧しく、兄弟や近所の友達と、近くの空き地で三角ベースやチャン
バラごっこ、ゴム飛び、メンコ、コマ回しなど、夏は近くの小川で水遊びなど、日の暮れ
るまで遊んだものです。
高校は新制大津商高の二回生で、学校は大津の三井寺の近くにあり、通学には、
当時、朝は蒸気機関車で甲賀駅より京都行に乗り、膳所で乗り換え、京阪電車で皇子
山の近くまで通いました。
高校では柔道部に所属し、学校に道場が無いため、毎日大津駅の近くの武道館に
通い、田中清太郎先生(七段)の指導のもと、他の高校(比叡山高校など)と合同練習
で汗を流しました。
高校卒業後は、大阪の商社の就職のため18歳で滋賀を離れ、名古屋、そして東京
に転勤し千葉に在住し30年を過ぎました。子供も近くに住み千葉は第二のふるさと
になりつつあります。
県人会には、東京の知人の紹介により、当初東京県人会に入会、その後千葉県人
会設立により転属しました。ただ千葉県人会に今まで同窓生がいないのが残念です。
ふるさと甲賀には、家業を引き継いだ長兄が健在で、今でも年に一度は兄弟(5人)
が集まり酒を酌み交わします。
友人とは、時々中学の同窓会に参加します、当時草津線で通った甲賀市の高校の
仲間とは、定期的に集まり旧交を温めております。
帰省には、新幹線で米原で降り、東海道線で草津で乗り換え甲賀駅まで、昔とあまり
変わらない風景を眺めるのが楽しみで、電車の中で乗客の滋賀弁での会話を聞くと
ふるさとに帰って来た気がします。

平成29年11月




近江堅田と俳句

荒木洋子(大津市出身)

  近江堅田の浮御堂から汀づたいに北へ数百メートル、此処に私を二十歳半ば
まで育ててくれた家があります。庭を隔てて琵琶湖の波が打ち寄せる細やかな
砂浜に打ち上げられた藻の花が今も目に鮮やかです。対岸は守山。三上山から
昇る朝日は格別で、波に反射した陽の光が座敷の襖に柔らかい動きとなって投
映されるのです。何という現象でしょうか、穏やかな目覚めを賜わったのでした。
  その頃、浪乃音酒造のご当主であった中井余花朗、冨佐女ご夫妻を中心に、
堺井浮堂様その他私の両親も交えた二十人弱が参加する堅田の俳句会があり、
時折の句会が持たれていました。お宿は余花朗邸であったり、湖を借景として
いる生家であったり。
  当時の私は、お茶の接待の合間に俳句の披講の声を耳にし、辺りの空気がピン
と張りつめるのを感じておりました。句会後は和気藹藹の句評談義など打ち
解けた時間が過ぎていきます。こじんまりとしたこの様な句会にその後巡り会わ
ず残念に思っています。
  結婚後、父母兄弟との交流にと俳句を始め、のち一時中断。子育て後野田市
へ転居、入会した今の俳句結社のお仲間と共に、私なりの句作りをしております。
  ともあれ琵琶湖の細波、蘆の青み、親子の鳰、鶴翼山、これらが私の原風景
なのです。
心の奥底に秘めた宝物です。今、俳句を通してこの原点から徐々に月へ、惑星へ、
銀河へ、そして宇宙へと発想を広げていきたいものと願っている昨今です。

  春浅き父母を預けてある山河  洋子

平成29年11月



ふるさと滋賀への思い

須 田 康 夫(大津市出身)

 滋賀を離れて60年、ふるさとへの思いは年齢とともに益々強くなるものです。
その思いから、毎年滋賀を訪れますが、新幹線の車窓から眺めるふるさとの光
景は、全く昔の面影をとどめておらず、また、かつての住家周辺の街並みは賑
わいをなくしているため、一抹の寂しさを覚えていました。
ところが、昨年、彦根市に一泊、翌日びわ湖汽船で竹生島を往復する機会があ
り、今までにない懐かしいふるさと体験をして参りました。
彦根港から出航直後、湖上からの彦根城は湖面に美しい雄姿が映え、日本のほ
かの有数の古城にはない素晴らしい光景に強い感動を覚えました。
竹生島では、竹生島神社に向かう急傾斜の石段をやっとの思いで昇りつめ、神
聖な神殿に参拝しました。
当日は、幸い好天に恵まれ、湖面はまさに鏡のような穏やかな船旅でしたが、
湖上はるかに望む比良・比叡の山並み、水面を走るヨットの帆影などは、60年
前と全く同じ姿で昔にタイム・スリップしたようでした。
さらに、船上で聞く「琵琶湖周航の歌」や「琵琶湖哀歌」は、高校生の頃瀬田
川において、校内ボート競技に熱中した青春時代の記憶を蘇らせてもくれまし
た。
今回、図らずも、変化の著しい陸地を離れ、琵琶湖の真っただ中で周辺の変わ
らぬ山並みを遠く望み、また、びわ湖の情緒に触れることにより、当時のふる
さとの思い出に浸ることができ、納得して、ふるさと滋賀を後にした次第です 。

平成29年5月

平成28年以前の「会員投稿」はこちらから参照できます。